搜索你想要的: 关键字:   
首页新闻中心 最新资讯五音が通じる五臓
新闻中心
信息搜索
关键字:
范 围:
 
五音が通じる五臓
新闻来源:    点击数:123    更新时间:2019-06-12 16:38:35    收藏此页

歌曲は音楽の表現形式の一つで、人が歌うことで表現される。歌う人も聞く人も楽しませ、気持ちを伝えることができる。昔から現在まで歌曲は人々の生活において欠くことができないもので、現代生活において歌の魅力と活力は更に多種多様化している。静かに鑑賞したり口ずさんだり、また知人・家族・同級生たちと集まって歌い合うこともできる。


もし、歌はどのように歌うのか、どんな効果があるのかと問われたら、私は中医学の“五音”の見地から歌を歌う道理を述べることができる。


五音と五行


歌にはメロディーと歌詞の二つの部分があり、メロディーを編成するためには音符を使う必要がある。現代音楽は七音階で、略譜の“1・2・3・4・5・6・7”で、音階の“ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ”となる。中国古代では音階を五音として表現し角・徴・宮・商・羽とした。五音には七音の4(ファ)と7(シ)がない。そのため、五音は略譜の“3・5・1・2・6”で、音階は“ミ・ソ・ド・レ・ラ”となる。五音と五行は互いに密接な関係にある。五行は木・火・土・金・水で構成され、この場合の木・火・土・金・水は主に五つの特性を表す。例えば、木はのびのびとした柔軟性を持ち、火の特性は温めて上に向かい、土の特性は万物を生み出し広く乗せて運ぶ、金の特性は清らかにして引き締めることで、水は潤したり下へ向かうといった特性を持つ。五音の角・徴・宮・商・羽はそれぞれ五行の木・火・土・金・水にあてはまる。ゆえに、歌を歌うときは五音の特色を出して歌うべきである。例えば角(ミ)の音は柔らかく息を吐き出すように伸びやかに発声し、徴(ソ)の音は迸る喜びを表し大きく響き渡るように、宮(ド)は豊かに重厚にして、土が万物の気持ちを抱くのを表す。商(レ)は清く濁りがない音で力強く高らかに、羽(ラ)はしっとりと細かく、水が流れるようなイメージで発声する。そのため現代でも中国の五音を“五行音楽”と言われる。


五臓と五行


身体の中には五臓とよばれる肝・心・脾・肺・腎がある。五臓と五行は互いに通じており、肝は木に属し、心は火、脾は土、肺は金、腎は水に属している。五行の特性から五臓の働きを説明することができる。例えば、肝は疏泄作用を持ち、気や血の流れをスムーズに促す。心は血液を循環させ身体を温める。脾は食べたものを消化しエネルギーに変化させる。肺は呼吸により異物を取り除き清潔に保つ。腎は水分の代謝を促進する。このように五臓の働きは人体の生命活動を維持する中心となっている。そのため、五臓の働きが正常であるからこそ生命活動を維持できる。


五臓と五志


人の情緒変化を中医理論で表現すると、五志七情、すなわち怒・喜・思・悲・恐に憂と驚を加えた七つの感情となる。五志七情と五臓は互いに対応していて、肝は怒に、心は喜、脾は思、肺は憂(悲)、腎は恐(驚)となり、この対応関係は生理病理・疾病診断治療、および養生保健などの各方面において表れる。人の感情の変化は怒・喜・思・悲・恐を表現するものである。一方では五臓の働きが正常か否かは情緒の変化に表れ、さらに情緒の変化が激しすぎると容易に関連する五臓を傷つける。例えば、肝は怒りの感情にあるので、肝の機能に問題が起こればイライラして怒り易くなる。一方、怒りすぎる感情は肝を傷つけ、肝気の鬱結(気の流れを滞らせる)あるいは肝気上逆(本来の流れを逆流する)などを引き起こす。心は喜びの感情にあたるので、心火が盛んになれば精神を乱す。心神が不安定となれば不眠や苛立ちがおこり、甚だしければ意識が錯乱する。笑いが止まらなければ心を傷つけ、気持ちが落ち着かなくなる。脾は思い悩む感情にあたり、健全な働きを失うと気血化生(食物を消化・吸収して気や血を作り、全身に栄養を与えること)が不足して思考が鈍くなる。また、度を越した思慮(思い悩みすぎたり、考えすぎる)は脾を傷つけ、食欲減退・食後の腹部膨満・下痢などの症状を引き起こす。肺は憂い(悲しみ)の感情にあたり、肺の気と陰が両方不足すれば悲や憂の感情が出やすく、逆に悲しみと憂いの感情が過ぎれば肺の気陰を消耗させ、息切れや倦怠感・咳・声が低く弱くなるなどの症状が現れる。腎は恐れ(驚き)の感情にあり、腎気不足は恐れ驚き易く、突然恐れ驚けば腎を傷つけ、腎気不固は遺尿や遺精の症状が現れる。よって、五臓の働きと情緒の変化には密接な関連が見てとれる。


五音と五臓


中医経典の名著『黄帝内経』の内容に基づいて五行と五音・五臓・五志の関係をまとめると以下の通りとなる。


五行と五音・五臓・五志の相対関係































五行
五音 角ミ 徴ソ 宮ド 商レ 羽ラ
五臓
五志 悲(憂) 恐(驚)

上の表で同じ列に属する事物あるいは現象は互いに通じ合う関係にある。五音が五臓に伝わるには法則があり、角音は肝に通じ、徴音は心、宮音は脾、商音は肺、羽音は腎に通じる。人々が歌を楽しむとき、生き生きとした五音が五臓に伝わり、内臓機能や精神状態を調える。また心を落ち着かせたり楽しい気持ちにさせて、心身の健康を保たせたり回復させたりする。古くは元代の朱震亨が「(音)楽は薬である。」と述べている。現代人の生活リズムは加速しており、多くの人が休日に何人かの友人を誘ってカラオケに行き歌の練習などをするが、そこには気持ちのやりとりや感情の調節がある。また、悩みがあるときは何曲か歌えば悩み事や心配事を発散できる。歌が人に対する影響はまず五音が五臓を通じて分かれ、外面に情緒の変化を見せる。これは正に五音が五臓と通じていることを表している。


五音と五臓の対応する反応はさらに五音が五臓の働きによって発せられることを意味し、五音を発するとき五臓の特徴と合致する。例えば、ミの音を柔らかく伸びやかに出すことは肝気の疏泄がすっと捗ることと似ていて、ソの音の迸る喜びは心から血脈が全身を駆け巡り、意識がはっきりすることと対応する。ドの音の重厚さは脾の運化作用から気血生化の源となることと似ている。レの音の肺気はリズムの上昇と下降に似ている。ラの音のしっとりとした細やかさは腎に通じている。腎は下焦にあり主に封蔵しており、ラの音は下からの深みが出る。よって五臓の働きから五音が出され、五臓の機能は音の美しさを調和し、聞く人を感動させる。よく言われる“五音不全(音痴)”とは、五臓の機能が低下し関連する音がしっかりと出せないことで生じる。


二つの音を欠いた角徴宮商羽の五音だけを使った曲は良い音色であるかと問う人がいるかもしれない。実は、中国の古典音楽(例えば“紫竹調”“高山流水”など)は全て五音を使っている。時を経て歌い継がれた江蘇の民間歌謡である“茉莉花”、2008年北京オリンピックの主題歌“我和你(わたしとあなた)”などはどれも五音曲である。歌い手は五音と五臓の内外を呼応させ、美しく感動的な曲としてベストパフォーマンスを見せた。これは国内外から賞賛された。


五音と五臓は通じていて五音は五臓で発せられるので、歌を歌うことを通して病を防ぐことができ、また治すことも可能である。これらを知ればきっと健康的な人生を“歌い上げる”ことができるだろう。

总页数:1  第  1    页 

上一篇:中医学?汉方医学?东洋医学?   下一篇:最高检八项措施 保护未成人孩子!
【刷新页面】【加入收藏】【打印此文】 【关闭窗口】
 
体感音乐™- 沉浸式音乐治疗康复模式 - 体感音波治疗系统【官网】 © 2005-2016 版权所有 粤ICP备12006528号-1
邮件:hsk360@163.com 电话:+86 0755-25115581 13570880178 18926764561 传真:+86 0755-25115581 地址:深圳市宝安区福永兴益路凤凰花苑